トイボについて

児童デイサービスを札幌でお探しの方へ

札幌の児童デイサービスが行う運動療育について

札幌の児童デイサービスで行うスポーツ療育は、運動面での遅れを解消したい、体幹を鍛えたい、バランス感覚を向上したい、挑戦する力をつけたい、コミュニケーションカをつけたいという「5つのテーマ」を実践しております。ストレッチ等の各種トレーニングを取り入れるだけでなく、スポーツイベント、野外レクリエーション等のイベントも実施し、楽しくて明るい、よりよい環境・雰囲気づくりに取り組んでおります。
自閉症、ADHD、学習障害等、発達障害のある子ども達が健全に成長にするためのサポートをし、苦手なことも楽しみながら挑戦できるように支援しますので、札幌の児童デイサービスに気軽に足をお運びください。

スタッフ紹介

札幌の児童デイサービスのスタッフ達をご紹介

札幌の児童デイサービスのスタッフはスポーツ好き

よくある質問

札幌のデイサービスに寄せられるよくある質問

何歳から通えますか?
小学生1年生~高校生3年生まで可能です。
通うためには何が必要ですか?
役所から発行される「受給者証」が必要となります。
施設見学や体験を受けることはできますか?
可能です。利用可能時間は下記となっておりますので、お気軽にご相談ください! 【平日】11:30 〜 17:30 【祝・長期休校日】11:00 ~ 17:00
送迎可能な範囲を教えてください!
送迎範囲はもよりの学校を記載させていただきます。下記を目安としてください。詳細は担当スタッフまでお気軽にご連絡ください。 太平南小学校 新琴似北小学校 新琴似北中学校 新琴似緑小学校 新琴似小学校 新琴似中学校 新琴似南小学校 和光小学校...
トイボの強みを教えてください!
運動機能に関しての知識が多く、元々体育の先生等運動に携わっているスタッフが運営しているため、お子様の生活の質の向上につなげられます。 また、課外授業として、「スタジオR」の施設でのトレーニングも可能となっております。
事業所はどのような雰囲気ですか?
めちゃくちゃアットホームです(笑) スタッフ同士も仲が良く、体験に来たお子様が帰りたくなくなってしまうような施設です。
アクセス

札幌の児童デイサービスへのアクセスをご紹介します

概要

会社名

TOIVO(トイボ)

住所

北海道札幌市北区北三十四条西5丁目2番3号 和真ビル1階

電話番号
011-214-9814
ご利用可能時間

【平日】11:30 〜 17:30

【祝・長期休校日】11:00 ~ 17:00

定休日

日,土

開所年月日平成31年3月1日
対象者小学生・中学生・高校生
運営主体特定非営利活動法人projectR
代表者

理事長 関口亮

アクセス

札幌で児童デイサービスの施設を開所した理由は、苦手なことも楽しみながら希望を感じる児童サービスを作りたいとの思いがあったからです。楽しく体を動かしながら、発達に遅れのある子ども達が健全に成長にするためのサポートをし、苦手なことも楽しみながら挑戦できるように支援します。見学・体験を行っていますので、札幌市北区の児童デイサービスに気軽に足をお運びください。

ご利用の流れ

1、ご連絡・・・まずは、お電話またはホームページのお問い合わせフォームにてご連絡ください。

ご相談、見学日を決めます。

 

2、見学面談・・・見学後、お子さまの状態や利用についてのご希望等を伺います。

 

3、支援計画・・・個別支援計画を立て、どのような支援を行うかを明確にし、お渡しします。

 

4、利用開始・・・受給者証をお持ちの場合、利用開始です。

※受給者証をお持ちでない方は区役所での手続きが必要になります。

私たちについて

児童デイサービスを札幌エリアで利用するなら

札幌の児童デイサービスはスポーツを通じて楽しく発達を促します

札幌の児童デイサービスは小学生・中学生・高校生を対象として、平日は11:30〜17:30、祝日・学校休業日は11:00〜17:00の間、スポーツを中心とした療育を行っています。アクセスにつきましては、市営地下鉄南北線の北34条駅1番出口より徒歩3分と駅近くの通いやすい立地です。また、送迎対応可となっておりますので、学校の下校時刻に合わせて車でお子様を迎えにまいります。サービスを受ける際にご自身で送迎する必要がないため、お仕事をされている保護者様にも安心してご利用いただくことができます。
クライミングウォールをはじめ、ユニークな遊具がたくさんある点が札幌の児童デイサービスの特長です。体幹や筋力を鍛える日々のストレッチ等、運動を通じた療育に加えて、スポーツイベントや野外レクリエーション、体験イベント等を積極的に開催し、よりよい環境・雰囲気づくりにも取り組んでおります。運動面での遅れを解消したい、体幹を鍛えたい、バランス感覚を向上したい、挑戦する力をつけたい、コミュニケーションカをつけたいとお考えの方は、プロトレーナー監修の札幌の児童デイサービスに気軽に足をお運びください。

札幌の児童デイサービスには経験豊富なスタッフ達が在籍

札幌で運動療育を行う児童デイサービスは、苦手なことも楽しみながら希望を感じる児童サービスを作りたいとの思いから開所した施設であり、その名前はフィンランド語の「希望」という言葉に由来しています。自閉症、ADHD、発達障害、学習障害等、発達に遅れのある子ども達が健全に成長にするためのサポートをし、楽しみながら挑戦できるように支援する施設として、スタッフ一同が笑顔を大切にしており、その明るい雰囲気の良さが自慢です。
札幌の児童デイサービスの代表者はインターハイ出場後にニューヨーク州立大学オルバニー校で学び、パーソナルトレーナーやスポーツマッサージの修行をしてきました。スタッフ達もスキー検定1級をはじめ、豊富なスポーツ活動の経験を持っており、アスレチックトレーニングや栄養学に長けております。豊かな知識と実績を持つスタッフが、一人ひとりのお子様に寄り添って、姿勢制御・移動運動・操作運動等、楽しく体を動かして発達を促してまいります。随時見学・体験を受け付けておりますので、札幌エリアで児童デイサービスをお探しの方は気軽にお問い合わせください。