札幌での運動療育なら児童デイサービスTOIVO(トイボ)

札幌の児童デイサービスでは、運動療育のプログラム内容や送迎対応について等、これまでに寄せられたよくある質問を一覧でご紹介しています。お子様の学校が送迎対象かどうか等、よくある質問に知りたいことが掲載されていない場合は、お電話かお問い合わせフォームより気軽にご質問ください。
札幌で児童デイサービスに寄せられた質問内容は、現在放課後デイサービスをお探しの方にとって役立つ内容となっていますので、ぜひ一度ご覧ください。
よくある質問
何歳から通えますか?

小学生1年生~高校生3年生まで可能です。

通うためには何が必要ですか?

役所から発行される「受給者証」が必要となります。

施設見学や体験を受けることはできますか?

可能です。利用可能時間は下記となっておりますので、お気軽にご相談ください!
【平日】10:30 〜 17:30
【祝・長期休校日】11:00 ~ 17:00

送迎可能な範囲を教えてください!

送迎範囲はもよりの学校を記載させていただきます。下記を目安としてください。詳細は担当スタッフまでお気軽にご連絡ください。
太平南小学校 新琴似北小学校 新琴似北中学校 新琴似緑小学校 新琴似小学校 新琴似中学校 新琴似南小学校 和光小学校 光陽中学校 新川中学校 新川中央小学校 新陽小学校 北陽小学校 白楊小学校 栄北小学校 栄中学校 栄東小学校 栄小学校 栄西小学校 栄町小学校 栄町中学校 栄南小学校 北栄中学校 北小学校 北園小学校 美香保小学校 美香保中学校 元町北小学校 明園小学校 明園中学校 元町小学校

トイボの強みを教えてください!

運動機能に関しての知識が多く、元々体育の先生等運動に携わっているスタッフが運営しているため、お子様の生活の質の向上につなげられます。
また、課外授業として、「スタジオR」の施設でのトレーニングも可能となっております。

事業所はどのような雰囲気ですか?

めちゃくちゃアットホームです(笑)
スタッフ同士も仲が良く、体験に来たお子様が帰りたくなくなってしまうような施設です。

札幌で運動療育を行う児童デイサービスは、送迎対応をはじめ、お子様やご家族の目線にたった福祉サービスを提供しています。体幹・筋力を鍛えるストレッチ等のトレーニングだけでなく、放課後からお子様が過ごす居場所としてボール遊び等の集団遊び、公園で遊ぶ等、様々なレクリエーションの時間を設けており、子ども達が生き生きと、楽しんで取り組んでいる姿が、札幌の児童デイサービスが誇る点です。
運動面での遅れを解消したい、体幹を鍛えたい、バランス感覚を向上したい、挑戦する力をつけたい、コミュニケーションカをつけたいという5つのテーマを実践するための各種トレーニングを行っています。自閉症、ADHD、学習障害等、お子様の状態やご希望を詳しく伺い、姿勢制御や移動運動等、一人ひとりに合わせた療育プログラムをご提案していますので、スポーツが苦手な方もどうぞご安心ください。